各画面単位の機能説明

機能説明

各画面の機能をご説明いたします



試合画面

※まだ試合が開始されていないとき
ダウンロード後に最初に起動すると左の試合画面が表示されます。
まだ自動計算によるコートへのメンバー配置が行われていない状態です。このときタイトルに「試合準備中」と白色で表示されます。 課金後、最下段にコートの状態が表示されますが、未課金時は広告バナーが表示されます。

組合せ開始
登録メンバー の中から試合に参加設定されたメンバーを元に組合せが自動で計算し、コートに設置されます。

サイドメニュー
タイトルバーの左側をタップでサイドメニュー(試合参加メンバー選択)が表示されます。

コート状態の表示
最下段に各コートの状態が表示されます。
設定で選択されたコート数以外は"未使用"と表示されます。
使用できるコートはメンバーが配置された状態や空きの状態のとき"自由"、コートでメンバーが確定されたとき"確定"、試合中のときは"試合"と表示されます。

試合(集計単位)の開始
「組合せ開始」をタップすると集計単位となる試合が開始されます。
自動計算による「自動配置中」または任意の配置が可能な「手動配置中」に切り替えることができます。
自動配置中は休憩中のメンバーを除外し、待機中のメンバーから計算によってコートに自動配置が行われます。
このときドラッグ移動しても計算による配置に戻されるため、メンバーの入れ替えは手動に切り替えた後で行ってください。
なお、休憩中への移動は自動配置中でも可能です。


コート単位の試合実行
各コートの試合はコート単位で開始します。コート試合の実行は、コートのメンバーを"確定"し、試合を"開始"します。確定するとコートにいる全メンバーはその場所にLockされた状態となり鍵マークがつき背景がオレンジになります。試合が開始されると背景が濃い青にかわります。手動配置の場合、試合開始は1対1または2対2の状態のとき行えます。


コート単位のLockと個人単位のLock
場所移動ができないLock状態は2つあります。一つは「確定」したときのコート単位のLockで、もう一つは個人をダブルタップした場合の個人単位のLockです。Lockされたメンバーは自動計算での配置移動が行われずそこに留まります。
コート単位のLockはコート内にメンバーがいない場合でも使用でき、空きコートとして確保することが可能です。空きコートとしてLockされている場合は、メンバーのいないコートであっても自動配置は行われません。

試合数の表示
各メンバーの試合数は名前の横に表示されます。途中参加した場合は(n)の形式で自動補正した試合数が表示されます。また、課金後であれば補正値を任意の数値に変更することができます。試合数はX(Y)と表示されている場合、計算で使用される試合数はX+Yとなり、補正値を変更することで、優先的に試合に参加させたり、試合の参加を遅らせたりすることができます。補正値の入力はサイドメニューの一覧上のメンバーをダブルタップすることで入力ダイアログが開きます。

ペア状態の表示
ペア設定されているメンバーは2名を繋いだ画像が表示されます。
ドラッグで移動した場合は2名とも同時移動となります。

メンバーの移動
鍵マークが付いているメンバーは移動ができません。また他のメンバーと入れ替えることもできません。
ペアとなっているメンバーのどちらかを移動した場合、ペアメンバーも追従して移動します。
自動計算中は移動後に自動計算によって再配置されます。コートのメンバーを待機中や他のコートへ移動した場合、再計算によって元の位置に戻されるため移動できませんが、休憩中への移動は可能です。休憩中への移動直後に再計算によりコートに別のメンバーがコートに配置されるか、またはコートが埋まらない場合はコートにいた他のメンバーは待機中へ自動で移動します。休憩中に移動されたメンバーにはコーヒーカップのマークが付きます。

「次試合の組み合わせ」の表示 ※app内課金(登録人数28名を購入)後、使用可能となります。
設定画面で「次試合選手を固定」を設定すると、試合画面に「次試合の組み合わせ」が表示されます。
「次試合選手を固定」 で1面を設定した場合、使用できるコートは第1コートのみになり、第2コートに「次試合の組み合わせ 」が緑色の背景で表示されます。 
「次試合の組み合わせ 」 となったコートは試合の開始は行えませんが、メンバーを休憩中へ移動は行えます。
手動配置モードの場合は第1コートへの移動は行われずそのままとなりますので、自動配置モードでご使用ください。

「次試合選手を固定」 で2面を設定した場合、使用できるコートは第1と第2コートになり、第3コートに「次試合の組み合わせ 」が緑色の背景で表示されます。 


サイドメニュー(試合参加メンバー選択)

上段のリストには登録されたメンバーの試合参加状態が表示されています。
また、下段のボタン群は各機能画面へ移動します。

試合参加メンバーの選択を行う
登録メンバー のラケットマークは試合に"参加する"ことを意味します。また家マークは"参加しない"ことを意味します。
参加状態の変更はそれぞれのマークをタップすることで切り替わります。
上段の試合参加で表示されている人数は、試合参加メンバー数/登録メンバー数です。

試合開始時の初期配置の優先度
自動計算で試合が開始された時、最初に配置される優先度は上段のメンバーほど高くなります。
メンバーの優先度(表示位置)はドラッグして入れ替えることができます。

各機能画面への遷移
サイドメニューの下段のボタンで各機能を使用できる画面へ 移動できます。
各画面へ移動した後、各画面から戻る先は試合画面となります。

試合数の補正値を入力 (課金後に使用可能)
現在試合中の場合、メンバー個別の補正値の入力ができます。補正値の範囲は -10 から 10 の間で設定できます。
試合数は自動計算に大きく影響します。現在の試合数が 7の場合に補正値 2を設定した場合、計算時の試合数は 9となり、他のメンバーが 7であったとき、他のメンバーが試合を重ねて 9に近づくまで補正されたメンバーはコートに配置されなくなります。但し、自動計算では、その他メンバーとのペア状況や対戦状況も考慮されるため、他の全てのメンバーの試合数が 9になるまで配置されないということではありません。
また、逆にマイナス値を設定した場合は、他のメンバーの試合数に近くなるまで優先的にコートに配置されます。
試合途中に家マークをタップして試合にメンバーを途中参加させた場合、そのメンバーには他のメンバー中で最も少ない試合数を元に補正値が自動で設定され、他のメンバーと同じような割合でコートに配置されます。


メンバー管理

メンバーの登録と削除、登録情報の変更および登録情報のメール送信ができます。
最大登録可能数は40名 です。
登録可能なメンバー数は、初期は7名、課金により12名、40名と増加します。

登録メンバー一覧

登録されたメンバーの情報が一覧で表示されます。但し、メールアドレスやメモは表示されません。
試合に参加していないメンバーは少し暗く表示され、試合中であれば鍵マークやコーヒーカップなどの状態マークが表示されます。
ペア設定されている場合は、左にペアの名前が表示されます。
また、表示の並び順を変更することができます。

登録メンバーの削除
名前を左にスワイプすると削除枠が出てきます。削除をタップすることでそのメンバーを削除することができます。
Lock(鍵マーク )されているなどの試合中の状況によっては削除できな場合があります。

メール送信
設定で管理者用メールアドレスに登録されたアドレスを宛先としてメールが起動します。
全登録メンバーの情報がメール本文に記載されます。
登録情報の入力は手入力のみで、外部からの取り込みはできません。

メンバー登録
メンバー登録画面と編集画面はほぼ同一の画面構成となっています。
メンバー登録時の必須項目は苗字とそのふりがなです。ふりがなは並び順を名前にしたときに使用されます。
メール配信の許可設定は、試合結果集計をメンバーに同時送信する場合の送信可否を設定できます。

メンバー編集
登録情報の変更が可能です。
編集対象のメンバーには本が開いたマークが付きます。
変更後に更新をタップしない場合は変更のキャンセルとなります。


ペア設定

ペア固定を設定できます。
画面右下の注意書きに記述されているメンバーが、左下のペア候補メンバーとして表示されています。
よって、現在試合中でLock(鍵マーク)されているや休憩中のメンバーなどは候補者となりません。既にペア設定されて試合をしている場合は上段に鍵マークが表示されます。

ペア固定を設定
左下のメンバーを上段のペア枠に移動することでペアの設定ができます。ペア枠の中での入れ替えも可能です。
Lock(鍵マーク)されているなどの試合中の状態によっては、ペアの入れ替えができない場合があります。

ペアの個別解除
ペア枠から左下のメンバー枠に移動することでペアの解除ができます。
Lock(鍵マーク)されているなどの試合中の状態によっては、ペアの解除ができない場合があります。

全ペアの解除
設定済みの全ペアを一括で解除します。
解除されるペアは、個別では解除できないLock(鍵マーク)や休憩中のメンバーを含みます。


集計結果

試合集計結果一覧の表示と削除ができます。
集計ありで行われた複数の試合の集計した一覧が表示されます。なお、途中で集計ありなしを切り替えが場合は集計ありの試合のみ集計されます。
未読の集計結果には"New"と表示されます。
集計結果をタップすると詳細画面が開きます。

集計結果の削除
集計結果を左にスワイプして削除枠を出し、削除枠をタップして削除できます。


試合集計結果の詳細表示
試合別とメンバー別の勝敗が表示されます。
試合別は試合開始時間順、メンバー別は名前順に表示されます。

メール送信
タップすることで集計情報を記述したメールが起動します。
試合別とメンバー別の集計のテキスト表示と集計データを、設定された管理者用メールアドレス宛に送信できます。
メンバー登録で配信許可となっているメンバーに同時送信することができます。メンバーはBCCで送信相手に追加されます。
受信したメンバーはAOM4Tで集計データを取り込むことができます。取り込んだデータは送信者と同じ内容で表示されます。

集計結果の編集 ※app内課金(登録人数5名を購入)後、使用可能となります。
試合別集計の各試合の編集ボタンをタップすることで得点を編集できます。
変更した得点に基づき、メンバー別集計と対戦成績の試合勝敗数も変更されます。


試合結果データの取り込み

試合結果データのメール送信と取り込み
受け取ったメールには集計情報のテキストと集計データが記述されています。
iPhoneまたはiPadのメールで集計データをタップするとAOM4Tが起動し、読み込み確認のダイアログが表示されます。
集計データの取り込みは、そのデータに含まれる試合の参加メンバーが登録されていなくでも可能です。
取り込んだ集計データは通常の集計と同じように表示することができます。
なお、読み込むデータと同じ集計データが存在する場合は取り込みは行われません。

集計データの形式と保存
集計データは一般的なURLと同様にリンク形式でメールに記述されています。
WEBメールなど一部のメールソフトでは、リンクが機能しないものもありますのでご注意ください。
保存については、メールのまま保存のほか、iPhone,iPadのメモ帳などに張り付けることでも保存が可能です。


対戦成績

これまでの試合の勝敗累計を表示します。
対戦成績で累計される試合は、集計ありで行われた試合のみとなります。また現在試合中の結果も累計に含まれます。
メンバー個別の編集と全メンバーの一括リセットが可能です。
また、管理者宛に対戦成績情報をメール送信することができます。

メンバー個別の編集
試合終了時に対戦結果を誤って入力した場合など、勝数、負数、引分数を修正することができます。

メール送信
対戦成績をテキストで管理者用メールアドレス宛にメール送信できます。
対戦成績データは付与されないため、取り込みはできません。

対戦成績の再集計 ※app内課金(登録人数5名を購入)後、使用可能となります。  
「全集計結果から再集計」と「指定期間で再集計」が使用できます。
再集計では登録されているメンバーのみ再集計され、削除されたメンバーが表示されません。
また、氏名が一致していれば再集計されますので、集計結果をメンバーと共有した場合は、そのメンバーのAOM4Tで氏名を登録すれば、そのメンバーのAOM4Tでも再集計が可能です。
「全成績リセット」はapp内課金が無くても使用可能です。


設定

設定で試合形式など各種変更ができます。
試合中でも変更が可能です。
試合中に設定変更を行う場合、試合を行っているコートより少ない面数に変更できないなど、諸条件により変更できない場合があります。
また、ダブルスでペア設定を行っている場合、シングルスに変更時にペア設定が解除されます。

管理用メールアドレス
設定されたメールアドレスは、登録メンバー情報、対戦成績情報、集計結果情報を送信する場合の宛先として使用します。

次試合選手を固定 ※app内課金(登録人数28名を購入)後、使用可能となります。
試合画面に「次試合の組み合わせ」が表示されます。
「次試合選手を固定」を設定する場合、同時に試合インターバルとコート面数は非表示となり選択することはできません。
1面を指定した場合、内部的には試合インターバルを1試合、使用コートを1面と設定した場合に加えて「次試合の組み合わせ」 を1面が表示された状態、2面を指定した場合、内部的には試合インターバルを2試合、使用コートを2面と設定した場合に加えて「次試合の組み合わせ」 を1面が表示された状態と同様になります 。
2面を指定した場合は、第1コートと第2コートで確定または開始となっていない時に試合間隔が同じ選手が5名以上存在した場合、「次試合の組み合わせ」通りの組合せでコートに移動できないことがあります。この状況は第1コートまたは第2コートの何れかで確定または試合中となっていれば回避することができます。
試合中は「次試合の組み合わせ」の設定を変えることは出来ません。

試合インターバル ※app内課金(登録人数28名を購入)後、使用可能となります。
選手が次の試合で選ばれる間隔を選択します。
1試合または2試合を設定した場合は、直後の試合に連続で選択されることがなくなります。インターバル分の他の試合が終了した場合、試合に参加できる候補となりますが、計算で他の候補者が選択される場合もあり必ず参加というわけではありません。
「次試合選手を固定」または「試合インターバル」を設定された場合は、設定しないときに比べて組合せ計算時に候補とできる選手人数が減ってしまうため、重複や偏りが発生しやすくなります。
試合中は「試合インターバル」の設定を変えることは出来ません。


購入と復元

課金により登録メンバーの上限を最大40人まで 増やすことができます。

サポートメール
課金有無を問わず、不具合、ご要望をお送りください。

課金は2段階
第1段階の課金は登録人数増加と試合数補正機能が使用できるようになります。
第2段階の課金は、第1段階の課金を行った後で購入可能となります。登録メンバー数が最大40人まで登録可能になります。

購入の復元
再ダウンロード時に一度購入されたものは、購入時のAppleIDであれば「購入の復元」にて再購入することなく機能が復元されて使用でるようになります。